Face to Yoga

好きなもの、
好きな世界、
好きな色、
好きなこと、

趣味などを含めて、好きでつい手に取るものがあると思います。
 
 
ご存知の方も多いと思いますが、わたくしは以前、香港でベーキングサロン(お教室)をしていました。

今は、Yoga Teacherとしてレッスンをする傍らBakingを楽しんでおります。有難いことに東山教室では、
たまに小売をさせていただいています。
 
ベーキングの魅力は、形のないものから創り上げることが醍醐味なのです。
粉と水と塩と酵母があればパンが焼けます。
粉と油分(バターやオイル)と水分、糖類があればお菓子やケーキからクレープ、ワッフルやパンケーキなど、言い出したら切りがありませんが自由自在に作ることが可能です。
レシピも増え続けています。

ここでも何ベーキングスタイル?と、ヨガと同じことがあります。
食のスタイルから話をすると、
ライフスタイルに繋がり、
宗教思想などと関連が出て来るのでここでは、スルーします(^^;;
(ちなみに、わたくしはここでもフリースタイル) (*^_^*)

 

そんなわたくしにとって、
道具や器もとても大切なパートナーです。
ほとんどが、十何年も使っているもの達です。
中には、うん十年?!(^^;;
と、いう道具や陶器もあります。
 
料理、ケーキやパンなどを作る際には、 材料などを含めて、
頂く全てのエネルギーをありがたく思います。
丁寧な作業、シークェンスを楽しみます。

フラワーアレンジメントも好きなのですが、何より生花を愛します。
食(食べたらおしまい。)(*^_^*)
と同じで、わたくし個人的には、残せるスタイルの花アレンジよりも散るところで終わり・・・
というのが好みです。(^^;;
命を終えるまで美しく花を咲かせて最後まで感動を与えてくれます。

特にオールドローズが好きです。
花弁が最後の最後まで喜ばせてくれる。
そして、本当に最後散ってゆく薔薇の姿に感激です。(*^_^*)

これって、Yogaの取り組みと同じだと思うのです。

ポーズを練習するという行為は、
からだを使うことです。
眠っている材料を目覚めさせる。

すなわちポーズは、ヨガ(本質を追求するため)のためのツール。

ポーズを創り上げるプロセスは、
自分を知るため。
誠心誠意、丁寧に取り組みます。
最後の呼吸まで諦めず、
思いのままポーズを楽しみます。
それは、薔薇がわたくしに、最後まで感動を与えてくれる命の過程。

ベーキングでいうところの、
砂糖とバターを混ぜ粉を加えたりと、焼き上げ、創り上げ、
頂くまでの過程。
焼きの過程では、パンの焼ける香り、お菓子の香ばしく甘い香り、
幸せを与えてくれます。

もちろん、アーサナと同じで、数をこなせばある程度は、
上手に焼けるようになりますが、
「どれだけ愛を込めたか」で、
香りも味も違う・・・
ポーズも美しいアーサナになれるのか、その瞬間に与える愛で変わります。

別れ目ですね。

自分の思うようにポーズに取り組むこと。そこから得る自分らしさが素敵なのだと思います。

Yoga Teachingも同じ気持ちです。
一つのレッスンを作るための
シナリオをイメージします。
シナリオ通りにいかないのが、
わたくし達の思考、からだですょね(^^;; 
アーサナも試行錯誤しながら、自分なりにドラマ化するのが逆に楽しいものです。

「ヨガの魅力」のブログにも書かせていただきましたが、
単なるエクササイズにはならないのがヨガです。
絶対こうしなさいとか、
決まりがない分、
ポーズを思い切り、楽しむのです。
(取り組み方次第では、単なるエクササイズが美しいエクササイズに変わりますょ!)

薔薇が与えられた命の限り、
わたくし達を楽しませてくれるように・・・(*^_^*)

今回は、どんな風にYogaと向き合うのか、わたくしなりに表現してみました。
結局毎回同じことに繋がるのです。(^^;;
季節やその日、その時間、その瞬間に変化がある空間の中で誠心誠意自己を見つめて、試行錯誤しながら自分なりに表現しましょう!

美味しいものを作りたい!
食べたい!
美しいものを見たい!
聴きたい!
もっと美しく表現したい!

など・・・

自分なりのドラマをメイキングしてみてくださいね。

では皆様の毎日がドラマチックで素敵なYoga Lifeとなりますように・・・

Love...
Saori



Deep Grounding
Saori