「Yoga Path」ヨガで学ぶ哲学な生き方。

Yoga Path...
一見、とても堅いタイトルですょね。(^_^;)
しかしながら、初めの入り口はどうあれ、ヨガをより深めたいと思えばその先に用意されている新たなプラックティスが始まります。
それはYoga Path(道)です。

ヨガにはゴールがありません。
永遠に続く道・・・
わたくしは、そう思っています。

昔、インド人の先生から教えを受けていた時、彼はレッスンの始めに毎回同じ言葉をまるでマントラのように言いました。

No past, No future, Just Now!
とてもシンプルです。

(ヨガを学ぶ方法アプローチの仕方はたくさんありますが、とてもシンプルなので、そんなYogaに惹かれたわけです。)

過去でも未来でもなく、今だ!
過ぎ去った事は、手放して未来を案ずるよりも今に生きなさい!
いつも繰り返していました。

そんな、、 思い出は?昨日は?
明日は?夢は?なんて、
夢見るゆめこには厳しい言葉でしたが、徐々に馴染んでいきました。(^_^;)
そうなのですょね。
今を生きることが明日へ繋がるのだもの。
ヨガは深いですょね。
よってヨガの道は続くのです。
終わりは、ないのです。


解脱は?!「悟り」
もちろん、これも重要なヨガ的要素です。では、どんな風に悟りを拓きましょうか?
洞窟で俗世から離れて瞑想三昧とか、、、

困難ですょねぇ(^_^;)
しかし時間や暗闇・孤独などに不安のないとても勇気のある方、生活にゆとりのある方は是非、洞窟で過ごしてみてください。(O_O)

自分にとってヨガがいつもそこにあるものならば、
「この現実社会の日々、ありとあらゆる生活シーンの中で、今を感じてその瞬間を悟ること。」です。
わたくしの目標とするヨガライフは、そんな毎日の一瞬を感じることです。
なので、マットに立って今自分が出来る最高の時間を過ごすことなのです。

自分には難しくまだまだ出来ないポーズもありますが、ポーズをしながら「出来ない今の自分を知る」のです。
或いは、「出来る今の自分を知る」ことが出来ます。

以前、一生懸命に物を運んで歩いているのに一瞬にして踏まれてしまう蟻で悟った方の話しを聞いたことがありますが、、(*^_^*)
蟻や蚊などの小さな動物を見て考えさせられる男性が多いみたいです。(^_^;)

時々、ヨガを始めた頃の楽しい充実したあの日々を思い出すと、
「あぁ、なんて幸せだったのかしら(*^_^*)。未知なる世界が開かれたようでワクワクしていたわ。」

そうなのです!
Open Sesame!ではないですが、
開いてしまったのですょ。
それまでの人生に輝きを与えてくれるより深い哲学的な扉を!(*^_^*)

今でも悩みながら、
試行錯誤しながら、わたくしの個性的なYoga Pathは続いているのです。

瞬間に問いかけ続けるのです。
なぜ、自分が存在しているのか?
なぜ、こう感じるのか?
シンプルに、素直に、自分の思う道を進みたいと思っています。

今年も後一ヶ月、
今月、12月のレッスンテーマは「委ねる」です。
壮大なテーマです!
「そのままでいいのょ。」
以前にも書きましたが、
その裏側をとらえていただきたいのです。
他力本願で何も努力しないでの
「そのままでいいのょ。」ではなく、Yoga Path です。
ちゃんと生きてこその「そのままでいいのょ。」が現れて、
そこで委ねることができます。

今月は、委ねられる自分になる準備をしてみてください!
年末に向けて今年一年の締めくくりとして皆様なりの「道」が見えて来たら委ねてみて下さい!!

レッスンでもお話していきますが、
そのうち、委ねるについても書きたいと思っております。

ヨガの中で生きてくる哲学的な日々を是非、目指してみてください。

DGでは、そんなヨガをトータルに提供したいと努力しています。

まず、ヨガと出会う。
呼吸、ポーズなどを練習する。
「継続する。」
肉体と精神をよく観察する。
「継続する。」
感じるから考える。
考える、感じる。
「継続する。」
Yoga Pathが見えて来る。
ゴールはその先にあるかないかは、
自分自身でどうぞ。。(^_^;)
(ごくごく簡単に書いてます。もっと興味がある方はレッスンでお待ちしています(*^_^*))


これを繰り返しながら委ねるまで・・・

では、本日はこれくらいにしておきます。
いつも読んでくださりどうもありがとうございます(*^_^*)

皆様の美と健康を祈っています。

Om, Shanti

Saori

コメントをお書きください

コメント: 1