Yoga&Food

こんにちは。
食欲の冬ですねっ(*^_^*)
この季節はわたくし好みの美味しい食がたくさんあります。(^_^;)
暑さで生地だれを起こす心配がなく、逆にオーブンがお部屋を暖めてくれるので、Bakingも楽しい時期です。(*^_^*)


冬場、冷える体が熱を欲するために、代謝も良くなると同時に食欲が増すと言われていますょね。
皆様はどんなお食事がお好みでしょうか?

ヨガと食の関係は、よく話題に登りますね。(*^_^*)
「先生は、どんな食事をしていますか?」
こんな質問も多くあります。
みなさま、知りたいみたいですね。

質問の中身には、こういった内容もも含まれていることが多いです。
食事のタイミングについてです。

「レッスン前に食べていいのですか?」
「特に夜のレッスン後は食べると太る気がして、どうすれば良いでしょうか?」などです。

わたくし個人的な食については、少し前のブログ、「Face to Yoga. ヨガとどう向き合う?」の中でわたくしのBaking スタイルについて触れました。

わたくし自身、好みもありますが、食でもYogaと同様にフリースタイルです。子供時代から野菜とチーズが大好きな、乳製品ベジタリアンな感じでした。
とにかく、パンとフロマージュが大好きなので、今でも欠かせません!(*^_^*)

大人になってから、Veganのような頃もありましたが、それなりの理由があったからです。(ここでは、その理由は内緒ですが。(^_^;))

それとアレルギー発作が起きてしまうために、食べたくても食べられない食品もあります。(^_^;)

そんな事情からか、栄養管理にうるさかった母に、食は大切なことだということを子供の頃から教えられました。

現在でいうところの食育と言えるでしょうか?!

インストラクター業は、時間が不規則ですので、食事のタイミングも日によって様々です。
それに、なかなか忙しくて余裕を持って料理する時間が、ない時もあります。
それでも、「おしゃれに美味しく! エレガントに! セクシーに!」
を、テーマに工夫しつつ、バランスを考えながら、出来る限り自分で作るようにはしています。

基本的に食のスタイルに関係なく
その日のエネルギーを感じながら、自分の身体が欲する食事をしています。

もちろん、Desert&Sweetsも頂きますょ。(こちらもなるべく手作りを!(*^_^*))

レッスン前後の食事に関する質問のお答えとしては、、、
最低でもレッスン参加の2時間前までには済ませていただきたいと思います。
受講するクラスの内容によっては、2、3時間前に軽く済ませておくか、或いは空腹が良い場合もあります。

夜遅くのレッスンに参加の場合、食事をするかしないかは、スタイルを気にする女性にとっては悩ましいところですょね。

わたくしの個人的な意見ですと、夜のレッスン後の場合でもお腹が空いたら是非、召し上がってください。
ただし、その時どんな食事が頂きたいのか、よく身体の声を聞いてあげて下さいね。

おしゃれもそうですが、食事も同じです。

いい加減にしないで、欲しているものを「適量」召し上がってくださいね!

ダイエットをしているのであれば、身体に栄養を摂りつつ食べ過ぎないようにすれば良いのです。
そういう時こそ!!
ヨガでの精神的な鍛錬が活躍しますょ。(*^_^*)
どうか、無理なく行ってください。

食は、生きる糧になります。
ヨガも同じく、自分の好みでいいと思いますが、偏らずにバランスをとっていければいいですょね(*^_^*)
周りに押し付けず、また逆に振り回されることなく・・・


「ヨガはお肉を食べてはいけないの?」こちらもよく問題視されるようですね・・・

多分、ヨガが多くの人がベジタリアンであるインド発祥ということだからでしょうか?!

ヨガは菜食主義?!そんな風に捉えられることがあります。
わたくしは、ヨガが菜食主義とは、思っていませんが・・・
ヨガのために菜食主義になるのは少し違う気がしています。
それはやはり宗教観や自分の思想による影響が大きいと思います。

それに、菜食主義の中にもいろいろありますょね。

「乳製品を含め、一切の動物性のものを生活全般で摂らないようにする。」これは、Veganです。
(Veganという認識・意識がなくてもそういうスタイルをしている人もいると思います。)

動物愛護や、地球環境保護も含むそうです。
これは、かなり厳しいと思います。
もちろん、ミルクもチーズもハチミツもNGです。
毛皮のコートやファーの類いはもちろんご法度です!

昔、菜食主義Veganだと言うある有名なモデルさんが、毛皮を身に着けていたのを写真に撮られてかなりバッシングされていたことがありましたねぇ(^_^;)

次にインド宗教の思想(アヒムサー=不殺生)からの菜食主義のVegetarian。

この菜食主義で有名なのが、アヒムサーを訴え続けたガンジー氏がいらっしゃいます。

こちらは、牛を神と同じ扱いをするので牛乳は神聖なものとして大切に飲まれているようです。
チャイもそうですょね!

乳製品も摂るらしいです。
インドでVegetarian アイスクリームを頂いたことがありました。
普通に美味しかった記憶です。
とにかく、暑かったからかもしれません?!(^_^;)
何が入っているのかは、言葉がわからなくてパッケージに書いてある成分を読めませんでした。(^_^;)

聞いた話ですが、実際インドでは、いろいろらしいです。闇市でお肉が売られていたり、イスラムとヒンドゥーのミックスであるシーク教徒は牛肉OKみたいですね。

他に卵、チキンや魚はOKなVegetarianもあるそうです。

ヨガを学び始めるやいなや、お肉をやめて、急にそれまでとは違う食習慣に切り替える女性をたくさん見てきました。
中には、酷く女性ホルモンがアンバランスになりレディースデーが来なくなってしまい極度の冷え性になったりと・・・
ヨガで心身共に健康になるつもりが、逆に不健康になってしまいますね。

「You Are What You Eat」
「食はあなたを作ります。あなたそのものです。」なので、気をつけていただきたいと思います。

何故、ヴェジタリアンになるのか、よく考えることが大切だと思います。

ここで、再び繰り返したいと思います。
食は、現実的に生きる糧になります。偏らず、全てにバランスを取り、ヨガと同様に、自分自身がしたいようにすれば良いと思います。
そこに押し付けも周りに振り回されることもなければ・・・

自分にとって、ヨガも食も何故?そうしたいのか、考えてみましょう!(*^_^*)
ヨガをすることで自分を見つめ、
今の自分自身を知ることが出来ます。
是非、ヨガをしてちょうど良いバランスを目指しましょう!

まだまだ書ききれないのが正直なところですが、本日はこの辺にしておきます。(^_^;)

長い文章を最後までお読みくださりありがとうございました。

皆様の美と健康を祈って・・・

Love,Beauty,Balance,,,

Saori