ヨガ指導者として・・・

真冬が来ました!

とても寒いですね。

皆様、体調はいかがですか?

どうかご自愛くださいね。

少し前、何年ぶりかで声が出なくなるような風邪をひいてしまいましたが、おかげさまですっかり良くなりました。

健康がいちばんですね。

レッスンで普通に声が出せる幸せを噛み締めています。(*^^*)

お聞き苦しい声のレッスンに参加下さった皆様、ありがとうございました。(*^^*)


先月もBlogでお伝えいたしましたが、今月でわたくしのレギュラーレッスンを一旦終了させていただきます。

その理由については先月のブログをお読みくださいませね。

これからも皆様の充実したヨガライフを心より願っています。

BlogやFBは活動を続けますので、良かったらお付き合い下さいね。


今までレッスンテーマについてやヨガに関するお話をしてきましたね。

皆様が続けてきたヨガの取り組みについて一年の締めくくりでもあります。

そこで今月のテーマは

「なぜ自分はYogaをしているのか?なぜ、Yogaを続けているのか・・・?」

を考え、感じながら過ごすことでしたね。


人それぞれに違うと思います。

半月ほど経過しましたが、いかがでようか?(*^^*)


わたくしにとってレッスン自体が人生そのものであり命です。

何でもそうですが、よく「魂を込めて行う」とか、「気を入れて行う」などと言いますよね?

魂や気を入れると言うことは、Prana(プラーナ)を自らが創り出す事と同様だと、わたくしは考えます。


気が抜けたシャンパンはただのブドウアルコールジュースになりますよね?(^^;

シャンパンはシャンパンであるから意味があるんです。

レッスンを提供するということは、正にそんな感じです。


自分自身の全てがプラーナと共に表現されます。

生徒さんはその私を見ているのです。

いくら取り繕ってもダメなのです。

気の抜けたシャンパンはすぐにバレてしまいます。

そのままをよく生徒さんは見て感じます。

なのでヨガのレッスンを提供する全てに愛を込めるのがわたくしの一番重要で一番大切な流儀であります。

わたくしにとってヨガは人生そのものです。

レッスン用のフェイクではなくリアルな日々を過ごしています。

それが、誰から学んだわけでもなく、初めてマットに立ち始めてから今までの練習を繋げ、鍛錬となったプロセスから生まれた私の哲学です。

わたくしの哲学は、学んだヨガ哲学に自分の人生経験を合わせたものなんです。

もちろんヨガの師達からの教えもありますが、最終的には自分自身だというところまで消化しました。


だからこそ意気投合したUZとのDeepGrounding Yoga (DG Yoga)が生まれたのです。

DG Yoga勉強会でもその辺りを伝えていきたいと強く思っています。(*^^*)

それぞれに自分自身のヨガを見出せるようになることを・・・


クラスでは丁寧に生徒達を観察し、対話する様にレッスンが進むと、自分と生徒達から溢れ出るYogaエネルギーで空間が満たされます。

それこそが気・プラーナだと・・・

素晴らしい空間になりプラーナが部屋全体に広がります。


しかしこれにはクラスにいるほぼ全ての生徒達の協力も必要です。

個々に集中するパワーやお互いを思いやり、リスペクトする真摯なエネルギーがとても大切なのです。

それが上手くいくときもあれば、もう少し、いえ、もっともっと元気がほしいと思うときもあります。(*^^*)

スマイル!笑顔をもっと!!!


是非!皆様!

レッスンにご参加の場合はそのクラスの流れをよく感じて、インストラクターのリードをよく聞き忠実に、身体全てをフル回転で丁寧に意識をしてください!

そしてさらに真摯な気持ちで動いて下さいね。

それが、そのレッスン(ヨガ)に対する感謝と、自分自身へと周りへの思いやりであり、リスペクトです。


「ヨガ指導者として大切にしていることは何ですか?あれば教えてください。」

これは、自分がYoga Teacherになる前からとても興味をもっていたことです。

当時,WSなどに参加した時、必ず聞いた質問でもあります。


生意気なようですが、わたくしはその質問を聞くことで、その指導者が地に足を着けているのかいないのかを知るのです。

幸運にもわたくしが愛する師達は地に足を着けた素晴らしい愛のある先生方ばかりでした。

今では地理的に会うことは叶いませんが、そんな師達と巡り逢えた自分はとても幸せに思います。


ヨガを教える以前に一人の人間です。

Teacherの生き様がレッスンでは表現されます。

素晴らしいことですよね。

ただわたくしの場合はかなり覚悟を必要としましたが・・・

なぜなら、こんな自分の人生を人に伝えるなんて・・・と。(*^^*)

自分は1人の師に付き習った事、勉強をした事をそのまま伝えるヨガとは違いました。

自分自身のフリースタイルを貫くにはかなり厳しい覚悟が要りました。

自分が消化した知恵をお伝えする職業です・・・

その智慧はたくさんあるに越したことはないのですが、詰め込むだけでは自分の指導は成り立ちません。

智慧や経験と、それらをどのように積み重ね、そしてどう活かすか・・・

その辺りは練習あるのみですね。

練習・鍛錬・探求が教えてくれます。

その自分自身が過ごしてきたプロセスこそが正にわたくしの師となりました。


たまにヨガが魔法のように効く治療法のような、それらしいことが書かれる事があるのですが、我々は魔法使いではなく今現在の年齢分の人生の経験者、生きる人だとわたくしは思います。

どう生きているのかを探求し続ける人だと・・・


Tadasana(ターダアーサナ・マウンテンポーズ)からSavasana(シャバアーサナ・屍のポーズ)までを・・・


すでにインストラクターの方々もヨガの生徒さん達も、自分自身が信じられる場所と教えを探求し続けていただく事を願います。

多分それは・・・

秘密です。(*^^*)

皆様自身で見つけられますように・・・


今日は長文にお付き合い下さりありがとうございました。


DG Yogaはヨガをヨガとして取り組みたい方々の味方です。

そんな場所をほしいと願う方のためにわたくし達はYogaを愛し続けます。

次回開催を予定しているDG勉強会は4月からの安城です。

興味のお有りの皆様とお会い出来る日を楽しみにしております。

他の地域などでも是非と思われる方、ご連絡お待ちしております。


Hope to see Beautiful Piece of small pertal...

Love,

Saori