何故アーサナをしますか???

こんばんは。

秋晴れが続く毎日、皆様いかがお過ごしですか???


今日は名東DG会でした。


段々と哲学の核心に入っていきましたね。

何度でも実生活や体験に当てはめて考えたり感じたりしてください。

頭で理解するだけではすぐ忘れます。

実体験で理解(身体で覚える)する事が大切です。

身体で覚える・・・

哲学もまるでアーサナのようですね。


そう、ヨガではアーサナの様な身体の取り組みも、哲学のような頭の取り組みも分けて考えません。

どちらも、物質原理(プラクリティ)の理解を助けるものです。


頭で理解する事。

身体で理解する事。


イコール、自分を理解する事。


ヨガの哲学を勉強すると、

「この世の楽しみはいけない事???」

と悲しくなる人がいます。

そこで、興味をなくして勉強を止めてしまうのは早とちりです。


最終回の逆転サヨナラホームランを見ずにテレビを消して悲しい気持ちで眠りにつく様なものです。


ヨガの哲学は本当に面白い。

普段の生活の理解を超えているからこそ、それに気付くと人生が変わるんです。

簡単に理解出来る事、共感出来る事は、自分を慰めることは出来ても自分を変える力はありません。


ヨガを科学的に解明する事(つまり皆さんが簡単に解り易くする)が進んでいる、と思っている方々がいますが、

実はそうではないのです。

科学がヨガの考え方に着いてきているのです。

なので、今、自分が解り易い理解の仕方では、なにも変わらないし解らないのです。


DG会参加者の中には、

考え方がガラッと変わる瞬間にゾクゾクしたり、

おぼろげに感じていた事のヴェールがはがれた瞬間に感動した人が数人みえます。

(報告が無いだけで、もっと沢山いるかもしれませんが・・・)

そんな方々にいつも伝えます。

「おめでとうございます!!!」

と。。。

祝福するほどの気付きなんです。

その証拠は本人の中に沸き上がります。


サット・チット・アーナンダ・・・


その変化、気付きは自分で起こしたのです。

自分で変わる経験を一度でもすると、本当に自信がつきます。


「何故アーサナをしますか???」

皆様のお答え、どれも正解です。


どれも正解ですが、何でもいいのではありません。

この違いが解らないと、どんなに身体に詳しくなっても、心理学の学位を取ってもヨガの先生にはなれません。


「何故アーサナをしますか???」


全ての疑問の答えを導き出すには充分な質問です。

よくよく考え、感じて日々を過ごしてみて下さい。


2016年より、梅森DG会がリニューアルします。

それに伴い、メンバーを新規募集です。


「何故アーサナをしますか???」

の質問の答えが、貴方の全て疑問を解決しないのであれば、参加の価値ありです。

是非一緒に学びましょう!!!


梅森DG会の詳細は「こちら」