ヨガ哲学を身近に・・・


こんにちは。
秋晴れが心地よいですね。
皆様はいかがお過ごしですか?
今日は最近感じることを、つらつらと書きたいと思います。^_^
いつもくどいくどいBlogをお読み下さる方々ありがとうございます。(*^_^*)

自分が外の世界相手にしている事、行動や表現していること、或いは心で思い感じることもたくさんありますよね。

現実的に言うと、例えば…
家族や仲間、友人にしている事。
物理的に直接の相手がいるいないに限らず仕事の際にしている事。
外で、電車・バス・地下鉄などの見知らぬ公衆の面前でしている事。

外側・表面的な自分が内側・内面的な自分自身にしている事。
善悪は関係なく、外的なあなたと内的なあなた。
そしてもう一歩深い場所に住んでいる自然に近いあなた。

自身を観察して今のあなたを問う事はすでに哲学をしていることになりますね。
まさに、ヨガです。
Spirit の方に向かいつつ、Body & Mindを観察するのです。

このように毎日自分がする全ての行動をきちんと把握することが普通になされているでしょうか?

知らない間に周りの人達を傷つけたり、困惑させたり、悩ませたりしていないでしょうか?
反対に傷ついたり、悩まされたり、逆もありますょね?!
どちらの側(立場)にいてもチッタヴリッティ(思考・感情の渦)は起きます。
皆様はそれらチッタヴリッティとどのように向き合い、対処していますか?

あなたが良いと思い行動したことが、全てに対してハッピーを呼び寄せるとも限らず、周りや相手にとっては理解出来ず迷惑行為となったり…

どんな時も自身(チッタヴリッティ)をそのまま観ることは、シンプルな習慣でありながらも、いつもいつも簡単ではないですょね。
DGメンバーの方々はすでにご存知ですね!
ヨガ勉強会(DG会)では、とても大切にお伝えしているヨーガの真髄であり哲学的な習慣、練習です。

そのままのあなた自身を見つめることは思いもよらない恐れがやってくる可能性があります。気付きのひとつですね。

自身があなたに与えるショックは他人、周りから与えられるショックよりもキツイように私は思います。^_^;

毎回、自分の思い通り、期待通りにはいかないものですね…^_^
それにすら気付かずに通り過ぎていく人はいるかもしれません。
DG会で言うところの「馬のまま…ありのままの〜〜🎵」^_^;

意識的にヨガを学ぶことは、ヨガ哲学をも身につける習慣をつけます。

なので、何をするにもあなたと向き合うことなのです。
DGでは常に意識的なヨガの練習をお勧めしております。
得意不得意を選ばす、今がどんな状態であるか知るのです。

アーサナの練習もプラーナーヤーマもメディテーションも全てが大切でバランスよく!
そして自身にフォーカスすること!
集中です!!!

「私は毎日練習(sadhanaサダナ)も勉強(svadhyayaスワディヤーヤ)してるからちゃんと修練(tapasタパス)が出来ています!」
と、自分が思うのであればそうかもしれません。あなた以外に「そこ」は誰にも本質はわかりません。

ヨガ哲学が面白いのは「そこ」であると私は思います。

周りと比べなることなくあなた自身の内なる経験の旅。
だからといって自分勝手ではなく…
周りや周りの物事に対しても押し付けず、決して無関心でもなく…
自己の存在をあなた自身が認め周りをも認め流されない、惑わさない、そんな強くて愛に溢れた性質がヨガ哲学の醍醐味なのではないかと
私は信じています。

皆様の日常にヨガ哲学が生かされますように…
愛に溢れたヨガライフをお過ごしくださいませ…

Om love,
Om shanti,

Saori