Saori のタパスな日々

 

こんにちは。
久しぶりのブログ更新となりました。
春は花々が美しい季節。
本来ならたのしみなのですが、花粉やPM、黄砂、それ以外にもいろいろ飛んでるような?!
私個人的にはタパス(苦手を克服するべく)な季節です。σ(^_^;)
皆様、体調崩していませんか?
笑顔で過ごしていますか?
ヨガを楽しんでいますか?
先日の梅森DGアーサナコースにお越し下さった皆様、どうもありがとうございました(*^_^*)
正にテーマはタパスtapasでした。
タパスというとスペイン料理を思い出す方もいらっしゃると思います)(笑)
一般的に日本後で「苦行」と訳されていますが、苦行と言うとなんだか、厳しい御坊さんの修行を思い浮かべたりしませんか?孤独の中、過酷な肉体的な苦痛を与えて精神を鍛える…
それをやり遂げた御坊さん。
凄いと思います。
タパスの本来の意味は焼く、熱するという意味があります。
鉄を熱して純化するというような例えもあります。
熱する事で不純物を取り除き浄化する。
過去から消化し切れていないカルマ、頭の片隅にこびり付いてしまったトラウマなどを浄化する作用があると古くから言われています。
超能力がつくとか…(*^^*)
それは、これまで自身が向き合えずにいた事、自身が苦手とする事を克服するべく努力をすることもそうだと思います。
苦手な事と向き合う努力もタパスだと思います。
マットに立ち、いつも落ち着かない人はじっとするのがタパスになります。
足元を確認するのをいつも忘れて毎回いい加減にしてしまう人は、毎回タダーアーサナに戻った時の足元確認がタパスになります。
要するに真摯な態度であり、意識的な美しい所作にも繋がります。
そして…
あなたは誰?
あなたは何をしているの?
今のあなたはどうしたいの?
なぜ?今のあなたはそうなの?
すなわち、あなた自身を探求する作業です。
気付きを促すため深く掘り下げることも時にあるでしょう。
しかし、それがヨガでよね。(*^_^*)
「タパス…感覚を研ぎ澄ます努力」をとアーサナコースの際にも言いました。
「感覚を研ぎ澄ます努力」をすること自体がとても美しいと思います。
そう!
ただヨガをすればいいのです!
真摯な気持ちでヨガに取り組めばいいのです!
それでいいのです!
あなた自身の思いだけです!
リスペクトを忘れずに自らが愛することです!
リスペクトをして自身と周りに与えるだけです!
あなたもわたしも…
お互い一緒なのです。
月並みですが…
Oneness...
One for all, All for one...
私達DGは、そんな愛を大切にしたい人達との出逢いをたくさん、たくさん望んでいます。
そしてその愛を大きく、大きく広げていきたいと願っています。
皆様、是非私達DGに逢いに来て下さい!!!
いつもお待ちしています(*^^*)
アーサナコースのみの方々も、一般の方々もすでにDG会メンバーの方々も是非!フリー参加可能なDGギャーナコースにいらして下さいね!
哲学に苦手意識がある方、ヨガを愛するならば勿体無いです!
是非、ヨガ哲学に対しての苦手意識をタパス!克服しましょう!(*^^*)
必ず人生に美しい変化が訪れます!
苦行というと苦しいですが、「美しく愛を磨き続きる事」と置き換えると落ち着きませんか?(*^_^*)
皆様の尊き愛が光り輝きますように…
皆様にとって際限のない叡智と大いなる愛が降り注ぎますように…
Love Om...
Saori