DG ギャーナヨガ(ヨガ哲学)

こんにちは。

 

お久しぶりの更新です。

皆様お元気ですか???

 

火曜日は梅森DG会ギャーナヨガコースの日でした。

 

早いものでもう4回終了。

10回コースですので中盤です。

段々と深い話になってきましたね。(^_-)-☆

 

六月からは名東DG会第二期が始まりますので、興味がある方は「こちら」をご覧下さいね。

 

写真の2人、UZとSaoriが講師です。

 

 

皆様哲学と言うとどんな印象ですか???

 

「気難しそうな人が、難しい理屈を捏ねていて、なんだか面倒・・・」

 

そんな感じでしょうか???

 

ヨガ哲学にもそんな印象があるようですね。

 

更にヨガ哲学の場合、ヨーガスートラの「アシュタンガ」などのお話だと勘違いされている方も多いようです。

ヨーガスートラは、ある哲学体系の上に成り立っている方法論と言ったほうがいいと思います。

その哲学体系や基本的な考え方を知らずに、聴くアシュタンガは堅苦しいか、都合のよい解釈になりがちです。

DG会では基本を勉強します。

それさえ掴めば、ヨガ関連の書物は読みやすくなり、自主的に理解を深める事が可能になるのです。

 

「難しい・・・」

とにかく、そんなイメージを覆したい。

UZはそう思っています。

 

「哲学ってワクワク・ドキドキするんだよ!!!」

 

という事を知ってほしいのです。

 

だって、

「私は誰?」

とか、

「宇宙の始まりって?」

とか、、、

子供の頃に誰だって考えた事あるでしょ???

 

皆様はその答えを見つけましたか???

 

「考えたって解りっこ無い事だ・・・まあいいや。」

 

って諦めている人が殆どではないですか???

それが大人になる事だと。。。

 

しかし、子供に聴かれたときどう答えますか???

そんな事を解り易く答えられる大人がいたら素敵ですよね?

その辺りを曖昧にしていると、次々と浴びせかけられる子供たちの質問に曖昧に答えるか、感情に訴えかけるか、そのうち解る・・・という無責任の答えをするかになります。

 

「なぜ人を殺してはいけないの???」

 

と聞かれたら???

「可哀想だから・・・」

「いけないと法律で決まっているから・・・」

「自分がされたら嫌でしょ???」

なんて答えが一般的?ですか???

 

どれも説得力がありません。

 

何故なら、

「人間じゃなければいいの???」

という無邪気な質問にあっけなくやられてしまうからです。

 

更には、これらの答えを曖昧にしていると、自分自身も病んでいく可能性が大なのです。

 

ヨガの哲学を学ぶと、上記の様な質問にあまりにもシンプルに答えが導き出されます。

目をつぶっていた事実に向き合わされる覚悟は要りますが・・・

 

「そんなの、私がしているアーサナと関係ない。」???

いやいや、大ありなんです。

その理由も解るでしょう。

 

哲学は学者の為にあるのではありません。

皆様は「哲学学者」になるのではなく、「哲学者」になるだけですから。

 

哲学を学び実践すると、毎日がワクワクします。

子供の時の疑問を、大人になってから持ち続けて良いのです。

と言うか、その問いを続けて欲しいのです。

 

実際DG会で哲学を学び実践している皆様には、

「毎日が楽しくなりワクワクします。」

「以前と何も変わらない毎日がとても良いです。」

「何か問題が起こっても平気です。むしろ何か起こらないかな???ってワクワクします。」

なんて言う方が沢山いらっしゃいます。

 

僕自身、良い哲学のお話を聞いた時、すごくドキドキし、外に出るのが待ち遠しくてワクワクしたのを覚えています。

 

世の中が違って見えるのです!!!

人生が変わるのです!!!

 

皆様にそんな喜びを感じてほしいのです。

 

大人になったて解らない事が沢山あっていい。

解ったふりして生きるなんてつまらない!!!

 

DG会では、そんな哲学の講座をめざして奮闘しております。

 

是非皆様、一緒にワクワク・ドキドキしましょう。

 

名東ギヤーナヨガコース、定員まであとわずかです。

迷っている方!

お早めにお申し込み下さいね。

 

お待ちしております!!!