エゴって何?エゴはダメなの?

こんにちは。

 

9月も後半になりましたね。

皆様、いかがお過ごしでしょうか?

 

私は、そろそろ秋が恋しくてたまりません。夏はやはり苦手でした。

昔から苦手なのはカルマ?(笑)

前世で夏に何をしでかしたのかしら…σ(^_^;)

 

今回はカルマに繋がるエゴについて書きたいと思います。

 

☆ヨガを始めてから気付くこと。

 

☆ヨガインストラクターになってから初めて気付くこと。

 

それぞれたくさんあると思います。

気付きや感じた事を味わい、消化することは、非常に大切なことですね。

消化して初めて学びが与えられます。

 

ヨガで重要なのは「自身で導き出すこと」です。

それ自体がYogaですね。

 

 

私達がいつも申し上げていることがあります。

 

「全てにおいて… あなたが存在する時間と空間、自然や人に対して常にリスペクトすること。」

「存在する全ての瞬間、今にリスペクトすること。」

というのがあります。

 

なぜなら、今を大切に生きるためであり、ヨガを練習している私達こそが、ヨガの世界観(ヨガ哲学)を尊敬、尊重すること。

まずは、そこからスタートします。

 

私達人間が生きる事、イコールYogaを練習する意味になると思います。

Yoga の考え方自体が生きる智慧であり、自己を知るためのプロセスだからです。

 

ヨガは、そうプログラムされています。

 

しかし、ここである問題が出てきます。

 

それは、自己を探求する上で現実的に「自我と向き合うこと」を突きつけられるので、人によってはかなり悩ましくなる時もあります。

 

「自我ってなんですか?」

「自我(エゴ)を持ってはいけないのですか?」

と、よく聞かれます。

 

エゴというのは、「わたし」という自我意識のことを指します。

説明が長くなるので今日は簡単に

 

「わたし」という意識が常に現れると、様々な物事に対して「わたし」が誇示され、肥大化します。

それにより思考や感情が乱されます。

 

そんな「エゴ」は善悪に関係なく大抵、人や物事への執着から生まれます。

執着が強くなると、常にその人や物事が気になり頭から離れなくなってしまいます。

そうなると疲れますよねσ(^_^;)

 

 

しかし、この世に生まれた以上、「わたし」というエゴは存在するのが当たり前なのです。

自我があるからこそ探求心も生まれます。しかしながら何事にもバランスが大切です。

 

では、自我とどんな風に向き合えば良いのでしょうか?

そこで自己探求のプロセスを教えてくれるヨガが登場します(*^^*)

 

ヨガは本当に素晴らしいです。

 

日々、自身へ問いかけと、肉体的にも精神的にも練習を、積み重ねていきたいものです。

 

例えば、アーサナの練習と共に「なぜ、ヨガを続けているのか

「なぜ、ヨガインストラクターを続けているのか

 

是非、日々、問いかけてみて下さいね!!

 

私達DGは哲学もアーサナも両方重要だと言い続けています。

 

アーサナありき

アーサナはどうでもいい

哲学ありき

哲学はどうでもいい

 

では、なくて

ヨガには哲学もアーサナも両方大切!! 

 

哲学の無いアーサナも違う。

アーサナ(行為・行動)に哲学のエッセンスが無いのも違う。

 

全ては「それ」に、かのものへのRespect 尊敬心、バクティから

 

Universe and Nature 

ユニヴァース・ネイチャー

宇宙、自然の超絶妙なバランスが私達人間に与えられるのです。

自然界の法則であるダルマはそのままです。

間違いはないのです。

 

その間違いのないダルマは、プラーナ・energyとして私達個々へ意識として繋げてくれます。

 

皆様の素晴らしいヨガのプロセス、学びが日々進化しますように、、、

心から願っています(*^^*)

 

追伸

来年から新しく生まれ変わるDG会(勉強会)のお申込みはスタートしています!

 

ヨガで本当に人生が変わるの?

ヨガで本当に幸せになれるの?

ヨガで本当に癒されるの?

 

ヨガをもっと深めたいけれどどうすればいいのかわからない。

TTを卒業したけれど、いまいちよくわかっていない。

哲学は難しくて。

アーサナってそもそもなぜするの?

などなど

 

DGはそんな方々の味方です!

ご一緒に学びを深めませんか??

 

詳細は「こちら」をご覧くださいませ。

 

Love,

Peace,

Light Om...

Saori