バクティになるヨガ

こんにちは。

 

過ごしやすい秋晴れが続いていますね。

皆様、秋を満喫していますか?

わたくしは、思慮に耽る秋を過ごしております(^ ^)

 

ヨガの世界に生かされている自分はなんて幸福でありラッキーなのだろうかといつも思います。

 

ヨガが仕事であり、好きなベーキングも「ベーキング」という行為の名前でありますが、なんらヨガと変わらない…

ヨガは全てに染み込むから。

そんな風にしてヨガの世界観の中で過ごしています。

 

今回は、ヨガの世界観の中で私達DGが大切にしている事をお話したいと思います。

 

 

まず、DGでは非常に大切にしている三本柱のダルマ・カルマ・バクティがあります。

そして本質的自己であるアートマン。

 

(これらは、ギャーナコースでも行う講義です)

 

もちろん、他にも大切な要素はたくさんあります。

全部大事です、、、

ヨガは全てですね…(^_^)

Being 存在そのものです。

 

現代においてヨガが世界に広がる理由というのは何でしょうね?

皆様は、考えたことがありますか?

 

もはや「普通って何?」

と言うくらいにヨガ自体が世の中で普通となっているでしょうか?

 

そうでも無さそう…?!

私には「世の中の普通」が、どういうレベルの事なのかが、よくわからないもので…(笑)

 

自分の何かを変えたい!

 

もっと幸せになりたい!

 

ヨガをすれば何か良いことがありそうな気がする!

など…

 

みんな、そう思うのではないでしょうか?

 

どんな風にヨガを取り組むのがいいのでしょうか?

 

大抵私達が「ヨガ」というと、ポーズの練習になりますよね。

 

しかし、がんがんとあれやこれやとポーズの練習のみというのは、ヨガの真実からは離れていく気がします。

 

今!取り組んでいるそのアーサナに「なる」ことが大切に思えます。

 

アーサナ自体を味わいアーサナと「ひとつになること」がアーサナにおいての学びであると、私は思います。

 

それがヨガではないかと…

 

呼吸も大事ですが、呼吸だけではなりたたない。

☆集中して呼吸をする。

☆集中した呼吸の中でポーズに取り組む。

☆集中が持続するとポーズと一体となる。

☆そこで生まれる自身のいろいろを知る。

 

人それぞれに取り組み方はあると思います。

いろいろなポーズを覚えていく時期は本当に楽しいし、どんどんとやりたくなりますょね?!

私自身もかつてはそうでした。(^。^)

一日中、ヨガウェアで過ごしていました(笑)

 

しかし、単なるポージングとしてのポーズはアーサナではなく、カッコいい写真を撮る時のようなもの。

それとは異なります。

 

ヨガは「日々の生活に染み込んでいく」ところが醍醐味なのです。

ヨガの練習と普段の生活に隔たりはありません。

 

それがヨガライフ(ヨガの世界)です。

 

ヨガマットやヨガウエアを持っているのがヨガライフではありません。

マットやウエアが無くてもヨガライフを生きるのがヨガなのです。

 

そこに、「ダルマ・カルマ・バクティ・アートマン」などが登場します。

 

DG会では、ギャーナをメインに皆様との時間を共有しています。

(もちろん、アーサナの時間もありますょ!)

 

アーサナコースは今のところ、梅森のみとなっています。

初めてDG会にご参加の方でアーサナコースをご希望の方には、ギャーナとセットでのご参加をお願いしています。

 

それには理由があります。

ヨガは実践してこそヨガです。

 

実践に含まれるのは、哲学的な生き方、日々の生き方です。

先ほど書きましたが、ヨガの練習と普段の生活に隔たりはないからです。

 

生き方というのはどんな姿勢であるか…

「アーサナ・姿勢」は、あなたの生きる姿を表します。

そのままが現れます。

 

本来の姿のわたし?

わたしはだれ?

このからだは?

このこころは?

 

ヨガってなんですか?

 

日々のヨガライフにはギャーナ、生きる智慧が大切なのです。

 

ですので私達は、ギャーナ(ヨーガ哲学)もアーサナ(実技ポーズ)も両方を重要視しているのです。

どちらも実践していただきたいからです。

 

どんな風にヨガを学んでも練習しても大切なのはその空間にリスペクトすることですよね。

 

レッスンに参加したのならば、その場のエネルギー・プラーナ、仲間、インストラクターに対して尊敬、尊重することです。

 

(指導者であるならば、よりそういう人間としての質を高めていくのがダルマだと思います。)

 

以前も書きましたが生徒としてのそれは、ダルマ義務ですね。

ダルマを全うするプロセスはカルマ行為です。

どんな行為の結果が起ころうともバクティ信愛、信頼です。

 

 

全てにおいて真摯に行為を行うことです。

もし真摯に行わなかったら、真摯に行わなかった結果となって現れます。

 

真理に向かい、本来の自身を知るための旅…

 

ヨガの世界に住むと、様々な気付きを与えてくれたり、逆に見たくなかったドラマを見せてくれたり…

 

そんなとき、単なる好き嫌いではなく、偏見を持つことなく、あなた自身を信頼し学び続けて欲しいと願います。

もちろん、私自身も日々、気づきのシャワーを浴びています。

 

結局、ヨガの学びのプロセスにおいて、どこを歩いても、どんな道を選んでも最終的にバクティであることです。

 

それ以外にヨガの道はない…かも?!

 

信じる力は、一見キラキラしているように見える上部だけの世界ではなく、本来の自分を信頼出来る事です。

素晴らしいですょね。

 

迷った時にこそ、冷静さを取り戻す力が役に立ちます。

立ち位置に戻れる勇気はしなやかな軸(コア)が存在してこそだと思います(^ ^)

 

普段の練習や学びが積み重ねられていくと、コアが育っていくのです。

精神的にもタフでありたいものです。

 

メンタル的にも美しくありたい人、日々の生活を穏やかに送りたい方、是非!来シーズンのDG会にいらして下さいね!

 

興味がおありの方は、「こちら」をご覧くださいませ(^ ^)

 

皆様に光り輝く叡智が降り注ぎますように…

 

Truth Wisdom Love,

Om 

Saori