日々の思いと生活 2

こんにちは。

冬が近づくこの頃、皆様、お元気に暖かくお過ごしでしょうか?

 

今回は前回のブログに引き続きまして、早速ここから本題に入ります

 

私達の日々の思いと食生活が地球に大きな影響を与えるということ

の意味が、どういうことなのか…

 

是非、一緒に考えてみましょう。

 

私の経験も踏まえて書きたいと思います。

 

まず、ヨガの世界の住人なら、知っておくと良いことがあります。

DG会でも取り上げる大切なヨガのお話です。

 

ヨガの教えである8 limbs Ashtanga  「8つの枝・アシュタンガヨガ」という記述が教典ヨーガスートラ第2章の中に書かれています。

 

アシュタンガヨガの初めにYama ・ Niyama 「ヤマ・ニヤマ」という「戒律」があります。

パタンジャリのヨーガスートラをお読み下さい。

 

☆ヤマは社会に対してあなたが取るべき行動、またはそうあると良いですょという生き方を記すもの。

 

☆ニヤマは自分自身に対してするべきことを記すもの。

 

ヤマの一番初めに「Ahimsa アヒムサー 、全てに対して非暴力であること」が書かれています。

本によっては「不殺生・あらゆるものを殺すべきではない」と書かれています。

 

これはどういう事か…

 

私達がこの世の全てにおいてアヒムサー・非暴力・不殺生として生きることなのです。

 

暴力のない幸せな世界。

ヨガではこれが大前提です。

 

これこそが自然界、地球、存在する全て(動物達、人間も含む)に対して最も重要であり、

「慈悲深くて思いやり」のある大切な行為なのです。

 

「アヒムサー非暴力運動」と言うと、インドのマハマトガンジー氏が有名ですょね。

くしくも銃殺という暴力でこの世を去りましたが…

しかしながら、彼の強いアヒムサーに対する意識は尊敬に値します。

暴力は非暴力で終わらせるしかないと訴えていました。

 

それと同じように、私達が肉食をやめない限り哀しいことに、動物達は涙を流して殺され続けます。

 

 

世界中に食肉を届けるためや、肉食を保持し畜産をするために、広大な土地や農場、施設や水が必要になります。

それらは大量の二酸化炭素排出元です。

 

その為、環境汚染が進みます。

そして動物達に必要な餌のために、膨大な肥料が必要となります。

それらは遺伝子組み換えの様々な穀物になります。

 

そんな遺伝子組み換えのエサを与えられた畜産動物達はどうなると思いますか?

不健康な牛や豚、鳥類となりますょね。

BSEもありました。

 

そのお肉を人間達が食す…

どうなるでしょう?

ちょっと考えたらおわかりですよね?

 

もし、工場の大量生産のような畜産が無くなればその土地が空きます。

その土地にちゃんとした穀物を生産すれば、貧困に喘ぐ子供たちに少しでも分け与えることが出来ます。

畜産動物にエサを与えることにより食べ物が行き届かず、飢えている子供たちが世界には沢山いるのです。

 

環境破壊が叫ばれている今、考えるべき事であると私は思います。

 

環境破壊だけではなく、私達の心にも問題を起こします。

 

殺される命がもし自分のペットだったら??

自分の子供だったら?

自然なことだと受け流せるでしょうか?

 

私自身は、子供の頃から動物愛護でした。

保育園の給食に出て来るお肉が食べられなくて、いつも居残り…σ(^_^;)

先生が見ていない間にスモックのポケットへ忍ばせ持ち帰りました(^ ^)

そんな私を食べられないから仕方ないわよねと、いつも母は許してくれました。

 

大人になり自身で食をチョイス出来るようになってからは、vegetarian ・ vegan life を送るようになりました。

 

香港在住の時は出来るだけ菜食をしながらたまに、少しのお魚をいただいていました。

しばらくしてヨガを始めてからは、卵はあまり頂きませんでしたが、ヨーグルト、バター、チーズはOKのヴェジタリアンとなりました。

 

おしゃれが大好きで、昔は、時にファーを買ったり、革製の靴を買ったりしていました。

しかし、ここ何年かはvegan の意識が高まりまして、革製の靴もバッグもファーも買うことはありません。

大好きだったチーズや、ベイキングでは必須と思われるバターも、出来る限り消費しない様になりました。

因みに、Saori’s ベイキングでは、牛乳や卵、バターはつかいませんよ。ヴィーガンです。(^_-)-☆

 

ただ過去に買って、持っている革製品やファーは今でも大切にしています。

 

なので今は食生活もほぼヴィーガンで、時々ヴェジタリアンです。

外食ではなかなか難しいですが出来るだけそうしています。

 

時に完璧ではなくても、全てに思いやりを持ちアヒムサーでありたいのです。

 

自然界も地球も動物達も私達人間と同じenergyの生き物だから。

 

地球がくしゃみするのは、我々人間がくしゃみをするのと同じ。

 

自然や動物、他人に対して暴力・ヒムサーであるということは、自分自身にもヒムサーしていることになります。

 

あなたが人や動物、地球にしている事は命がちゃんと感じているのです。

精神と肉体の記憶に刷り込まれていく…

 

地球とお互い様なのです(^ ^)

 

私達の日々の思いと食生活がこんな風にして影響し合っていると思います。

 

過激な意見かもしれませんが、私達DGは本気でそう思います。

 

ただ強制的にそうしなさいと申し上げているのではありません。

「そうしなければいけない」ものでもありません。

皆様が出来る範囲でそうしたいと思えたら嬉しいです。

 

1週間のうち1日をmeat free day 「お肉無しデー」にするだけでもよろしいかと思います。

それに、いきなりは栄養的に心配ですね。

 

ヴェジタリアン、ヴィーガンライフに興味のおありの方、相談にも乗りますので声を掛けて下さいませ。

 

DG会ではこのような講義もしていますょ。

DG会については「こちら」

 

では、皆様の幸せなヨガライフを願って…

 

Love and Truth 

Be Peace 

Be Smile 

Om 

Saori