☆Vegan Fashion☆

普段あまり気にしないけれど、私たちは動物の命と引き換えに快適な生活を送っています。

鞄や靴、コートに使われる革製品や毛皮は直ぐに思いつくと思いますが、お布団にも使われ寒い冬には重宝するダウン、そしてウールなども動物の恩恵です。

これらの製品のために受ける動物の苦しみは並大抵の事ではないようです。

出来る限り、彼らを苦しみから解放したい。。。

しかし、どんなに完璧を求めても完璧はあり得ないのは確かです。

だからと言って、簡単に諦めますか???

これらの取り組みは、やはり、

「どれだけ出来ているか?」

ではなく、

「思いやりの気持ちで選んでいるか?」

が大切なんだと思います。

出来る事を精一杯・・・

Yogaと同じアヒムサーの気持ちで取り組めば、きっと良い選択ができるのでは???

 

このページでは、皆様のファッションのヒントになるような情報を発信できたら・・・と思います。

 

 


☆革靴メーカーのヴィーガンシューズ「Dr.Martens」

ドクターマーチンと言えばイギリスの革靴、ブーツのメーカーです。

さすが、ヴィーガン先進国のイギリス。

完全にヴィーガン仕様の靴もラインナップされています。

ただ皮を使っていないだけでなく、製法も含めてヴィーガンの証でもあるタグがついています。

革靴メーカーの商品を買うことに一瞬躊躇しましたが、「ヴィーガンの需要があるんだよ!」って声を上げることは重要だと思い直し、今回はSaoriが購入してみました。

作りの確かさはもちろん、オシャレで、何といっても罪悪感がない事。

自分の喜びに他の命の犠牲が限りなく少ない事は、とても大切な事だと再確認しました。

 

ドクターマーチンの名古屋ショップは大須観音にあります。

お店の方は、とても親切で、ヴィーガンなどいろんな思想の方に対する尊重の精神がある素敵な方でしたよ。(^^)

同じ柄で、ブーツ以外にサンダルなど、写真の様なヴァリエーションが入荷されていました。

気になる女性の方は是非来店してみて下さいね。

※少量入荷だと思いますのでお早めに!(^_-)-☆


☆まるでレザーの様な「Wills LONDON

こちらのブランドは、ヴィーガンシューズやバッグなどを扱っています。

ヴィーガンファッションブランドは、ただ皮などを使わないのではなく、動物愛護の観点より作られているため、接着剤などの細かなところまで動物性の材料を使っていません。

しかし、とてもファッショナブルで、これはレザー???と思わせるようなものも沢山あります。

より良い選択をする事とオシャレは両立できますね。

その工夫が楽しいのは、ヴィーガンライフの醍醐味です。

先ずは毛皮を止めてみる。

そして、リアルレザーよりフェイクレザーを選んでみる。

時々は、こんなブランドで購入してみる。

 

お友達とかぶる可能性は皆無かも???(^_-)-☆

 

試しに、ヴィーガン先進国のイギリスより購入してみました。